TEL

たこと魚の目の対処法 | 前橋・高崎で巻き爪の根本改善をするなら前橋巻き爪ケアにお任せ下さい

たこと魚の目

たこと魚の目のケアなら当院にお任せ!!

魚の目をケアするなら前橋市・高崎市の群馬巻き爪ケアセンター(浅香はりきゅう整骨院)までご相談下さい。皆様はたこと魚の目の違いはわかりますか?まずは上記の図をご確認下さい。たことは皮膚表面に丸く突出したデキモノのことです。そして魚の目とは、皮膚表面に対してくさび型に食い込む症状のことを指します。魚の目とは、見た目が魚の目に似ている事から、その呼び名が付けられ、足の裏の皮膚の角質が厚くなり、皮膚の奥まで入り込んでしまう症状を指します。この魚の目は放置すると角質が芯のようにとても硬くなり、皮膚の奥まで食い込み神経を圧迫します。そうすると歩くたびに激痛が走り、日常生活にも影響を及ぼしてしまいます。前橋市・高崎市の群馬巻き爪ケアセンター(浅香はりきゅう整骨院)では、魚の目のケア施術を行っておりますので、是非一度受けてみて下さい。

魚の目はサイズの合わない靴を履いていたり、立っている際にいつも同じところに体重をかけている事が原因で発生する事が多いです。特にサイズの小さい靴を履いていると、足が圧迫され指と指の摩擦により発生してしまいます。前橋市・高崎市の群馬巻き爪ケアセンター(浅香はりきゅう整骨院)の魚の目ケアは、皮膚を保湿し柔らかくし多ところで、専用のヤスリなどでキレイに削っていきます。もちろん、痛みはありませんし、施術後はキレイに魚の目が無くなっております。たかが魚の目と思われるかもしれませんが、されど魚の目です。足のケアは非常に重要でございますので、魚の目はもちろん、足のトラブルは全て前橋市・高崎市の群馬巻き爪ケアセンター(浅香はりきゅう整骨院)までお問い合わせください。

たこと魚の目のケアなら

そもそもなぜたこや魚の目が足にできやすいのか知っていますか?答えは単純に物理的圧力や負荷がかかることによって身体を守る防御反応としてたこや魚の目ができやすいと考えられております。先程もお伝えしたように小さなサイズの靴などを履いていると余計一部分に対して負荷がかかると思います。このように負荷がかかった状態を我慢しているとデキモノができてしまう確率が高まってしまいます。

当院では正しい靴の選び方や歩き方の指導などケアだけでなく日常生活で気をつけて頂きたい事項についても細かくサポートをさせて頂いております。痛みを伴わない快適な状態で生活をするのが一番心地よいかと思います。少しでも皆様のお役に立てるよう全力でサポートをさせて頂きます。

当院で行った『たこ・魚の目のケア実績』

ガサガサかかともツルツルかかとにケアします!